【熊本バイク高価買取査定】カワサキの『250TR』御船町のお客様より買取!

おはようございます!熊本バイク買取査定センターの塚本です。(^^)/

9月になって夜は、だいぶ過ごしやすくなりましたね!夜にバイクで一っ走り、俵山などにツーリングに行く方も多いのではないでしょうか?

今日は、俵山の近くにである、御船町のお客様より『カワサキ250TR』の、バイク買取査定依頼を頂きまして、買取査定に行ってきました!

 

御船町にて、カワサキ250TR買取査定!

今日は、熊本県の御船まちにカワサキ250TRの買取査定に行ってきました!最近コストコもできて、車の通りが多くなっていますね!

また、新しい道路も出来たりしており、ちょっと通らなくなっただけで、こんなに風景が変わるのかな?とびっりしました。

カワサキ250TRカスタムバイクは売却できるのか?

今日買取させて頂いたお客様の悩みは?カスタムバイクでも買取査定で金額がついて、売却できるのか?というご相談を頂きました。

年式も古く、年式相応のサビなどもあったため、悩まれていたそうです。

バイクの状態としては?

  • カスタム
  • フロント―フォークのオイル漏れ
  • 年式が古い
  • 経年劣化によるホイールのサビ
  • マフラーのサビ

等が見受けられる状態でした。

買取査定に関係するバイクの状態は?

プラス査定としては

・エンジンに問題がない事

・事故などの大きな問題がない事

がプラス査定として考えられます。

マイナス査定としては

・ノーマルではなく、改造してある事

・メーターが変わっており、走行疑義車のバイクである事

・フロントフォークのオイルが漏れており、オーバーフォールしないといけない事

・経年劣化によるサビが出ている事などが、

このような事を、参考にして、『査定額』を提示させて頂き、高価買取査定させて頂きました!(^^)/

kawasaki(250TR)のキャブ車とインジェクションどっちが高い?

まずは、自分の250TRがキャブORインジェクションなのかを調べ方をご紹介させて頂きます。

カワサキの250TRは、キャブ車とインジェクションの2種類のタイプが発売されています。

バイクの登録証の型式で調べる

キャブ車の型式は『BA-BJ250F』になります。2002年~2006年まで発売されていました。

インジェクションの型式は、JBK-BJ250Fになります。2007年~2013年まで発売。

これで、簡単に自分のバイクがキャブなのかインジェクションなのかを調べる事ができます。

また、2013年モデルが250TRの最終型になり、現在は販売されていません。

では、どちらが高いのか?

結論は、インジェクションモデルの方が、高い買取額になっています。

しかし、カスタムをする方の場合は、インジェクションよりも、キャブ車の方がカスタムしやすいのでキャブ車も人気があります。

今この記事を書いているのが、2021年になるのですが、数年前まではの250TRキャブ車の相場は下落傾向だったのですが、コロナの影響などもあり、バイクの人気で、需要が高まり、買取査定額も上昇傾向にあります。

今乗っていない250TRのバイクをお持ちの方は、今は売り時の絶好のタイミングかもしれません。

熊本バイク買取査定センターでは?

お客様が1番高い価格で売却できるように、お手伝いをしております。

  1. 査定料無料
  2. 廃車手続き無料
  3. 引取り手数料無料

全て、無料でおこない、お客様のバイクを出来るだけ高く買取査定できるように、頑張らせて頂きます。

 

>>LINE査定の詳しい情報はコチラ

 

電話でのお問い合わせはコチラ

TEL096-200-2745

(担当:塚本)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください